Show newer

Lisper がシンボルを多用するのって eq で比較できるからとじゃなくて文字列と比べるとタイプ数が少なくて済むし見た目もすっきりしてるからという程度でしかない気がする。

あと、どうせマクロを書くときにシンボルの操作は避けて通れないし。

Show thread

末尾再帰じゃない方がコードの見た目綺麗だし、リストが十分短い場合は普通に再帰した方が速いししゃあない。

Show thread

OCaml の標準ライブラリの関数が末尾再帰でないことにみんな文句いってるやつだ。

標準ライブラリといえばOCamlの終わりなきStdlib vs. Core vs. Batteries

軽くインターネットで調べると Ruby にはシンボルがあるっていうけどあれはハッシュのキーに使うとか、他にはなんか謎の使われ方がされる感じであって Lisp のプログラムの識別子もシンボルだよね〜ってノリとは違うし、REPL で何かちょっとしたことをするのに選ばれるものではないような気がしてる。

Show thread

Lisp の特徴はマクロとかじゃなくて cons セルとシンボルなのではないかと思うようになってきている。

Show thread

出自としては Lisp の中で Lisp を書くところからシンボルは始まっているわけだけどその話をするのはなんか違う気がするし。

Show thread

Common Lisp のシンボルの話をちゃんとするのは難しいのでそれはやめるとしても、そうでなくてもシンボルを説明するのは大変だと思う。

何かの式の記号を表現するのに使えるやつみたいな感じの説明でいいんだろうか。eq で比較できるってことに識別子として利用可能という意味で重要だけどその話は難しいし。

Show thread

Lisp のプログラムの簡単な例として
(append '(a b c) '(d e f))
って書くだけでもシンボルの話がでてくるので困る。

Show thread

ACL2 の二分探索木の記事は不定期で進めているんだけど対象読者で悩んでる。
Lisp 知らない人向けに簡単に ACL2 で使う範囲の Lisp のチュートリアルを載せようと思ったんだけど、シンボルと cons セルが難しい。Lisp の特徴にマクロがあるのは確かにそうだと思うんだけど、それ以上にシンボルと cons セルが特徴的だと思う。

シンボルが使えるプログラミング言語はたくさんあるんだろうけど、Lisp みたいに日常的にシンボルを使うプログラミング言語はなかなかないのではないか。

Lisp の cons セルを破壊して値を返すタイプのプログラム、Lisp 以外に存在しない気がしている。副作用を使う他のプログラミング言語なら配列とかだろうし、関数型プログラミング言語ならそもそも破壊しないだろうから Lisp 以外にこういう激ムズなリスト操作は存在しなそう。

Show thread

今日はひさびさに副作用バリバリのプログラムの問題を解いた。普段は ACL2 しか使ってないし cons セルを破壊するという発想から忘れていたので超難しかったんだけど解けたので満足した。

人口が増えて生産性が求められるようになって土器がシンプルになったとしか思えん。

Show thread

縄文土器がめっちゃ凝ってるのはそれが仕事として成立してたからじゃなくて暇で楽しむためにやってたんだと思うんだよな〜〜〜。弥生時代になってシンプルになったのはたぶん社会が変わってそれが仕事になったからなんだろう。つらい。

Show thread

実際、縄文土器とかめっちゃ凝ってるしな。弥生時代になってシンプルになったのはなんか闇を感じる。

Show thread

もしかすると文明の最初にいたのかもしれん。狩とかうまくないけど絵がうまかったり、字が書ける人はそれだけで重宝されただろうし、それは実質的に現代でいうところの仕事に相当するかもしれない。

Show thread

本の執筆や芸術によって生計を立てられなくなったとき、本当に本や芸術が失なわれるのかについては気になっている。

そもそも仕事として本や絵で生計を立てられるようになったのっていつからなんだろうか。少なくとも文明の最初からではないと思う。それらが仕事として成立しえたのは貴族の専属としてとか貴族自身とかそんな感じだったと思うのがいつからか変化したんだと思うんだよな(イメージで言ってる)。

Show thread

計算機の普及によって失なわれてきた仕事は社会からそれによって要らないと判断されたものなんだろう。それに対して本や芸術に関する仕事は計算機の存在によって代用される何かではなくて社会から必要とされているのが違いなんだろう。

Show thread

それまで情報とその媒体がセットで売られていた本や絵が計算機によって情報として扱えるようになった。情報は計算機によって容易に複製できるが、それは本や芸術を専門にしている人にとっては致命的であった。彼等の職が失なわれると社会が困ると判断され、彼らを保護するために本来複製可能な情報であってもを複製できないということにした(そもそも「情報を複製」という表現に何か混乱がある気がする)。

他に計算機の普及によって失なわれてきた仕事はたくさんある。でも本や芸術に関する職はそれで失なわれてはならないということになったし、著作物の情報は複製できないということになった。そのような保護をしない場合の社会がどうなるのかについての実験はまだされていないけど、現状は危険だと考えられているという感じかな。

Show thread

自由意志を否定してるものからすればそもそも個人に帰属するような独創性などどこにも実在しないとかいえてしまうけど今の社会でそんなことを言うのは危険すぎる(言ってる)。

Show thread
Show older
Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!