Follow

> パソコンを操作する画面や方法のことをユーザーインターフェイスと呼ぶことがあります。マウスやアイコンを駆使したMacintoshのユーザーインターフェイスは、その前身であるLisaというコンピュータで開発されたことは良く知られています。あまり良く知られていないのは、その開発過程で、テストユーザーを行動観察したり、単一被験体法の考えを使ってデータを集めるなど、実験的行動分析学の知見が活用されていたことです。
workitout.jp/simamune/contents

Macintosh の UI を作るのに、行動分析学が応用されたらしい。

· · Web · 1 · 0 · 4

これを読めば行動分析学を使って UI/UX を改善するのが如何に大変なことなのか分かると思う。

Show thread

行動分析学の利点として単一被験体法を採用しているところがあると思ってる。「X な人は Y のような行動を取る可能性が高い」みたいなやつは残念なことに当人がはずれ値だったら役に立たない。単一被験体法は集団ではなく個人に対して実験ができるので、変わった人を相手にしてもその人に対して実験をすることで行動の原因を明らかにできる。

Show thread
Sign in to participate in the conversation
Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!