Pinned post

「行動理論への招待(大修館書店)」、予想の200倍くらい面白い。行動分析学家が行動分析学の知見を生かして本を書くとこうなるのか。「行動分析学入門(産業図書)」よりも良い本かもしれない。

Show thread
Pinned post

この動画、説明の仕方は全然徹底的行動主義してないんだけど明らかに行動分析学を元にしてて最強だった。
画面設定をグレイスケールにするとかあまりに発想が天才的すぎて溜息がでるわ。即座に Android と GNU Linux の画面をグレイスケールに変更した。

youtu.be/b6O4T32dkCM

Pinned post

このストレスに対処するための資料、WHO が作成 したものを翻訳したものだし超おすすめ。ACT ではメタファーを使ってうまく患者に説明するんだけどこの pdf のメタファーは今までに見た ACT のメタファーと比べて圧倒的に完成度が高い。

ストレスを感じたらやるべきこと:
イラストガイド
apps.who.int/iris/bitstream/ha

スマホの警報機能、たぶん鳴らないように設定した人が多いと思うので、ここで忘れずにオンに戻すことが重要だな。

肉と野菜ならポン酢なしでもいけるんだけど、卵入れるとポン酢ないときつくなるな。
(なお、米は面倒なので炊いてない。昼食以外のタイミングで糖質とればいいかとか思ってる)

卵の殻を捨てるために用意したビニール袋の中に卵の中身を入れてしまって悲しい。清潔なビニール袋の中だったので取り出して使用したけどどうしてそんなミスを……。まあ、こういうミスの原因の説明に行動分析学はおそらくあまり向いてない。行動分析学の得意分野はミスの防止、すなわち行動の制御だ。長所を活かしていこう。

あー、でもスキナーはタクトとマンド以外に書き取り行動みたいのに別の用語をあててたな。
上の文章はマンドとタクトを拡大解釈してるかもしれない。

Show thread

マンドとしてのプログラミングとタクトとしてのプログラミングは形態は似てるけど機能は違うんだ。「プログラミングが得意な人」というときは注意しないといけない。処理結果によって強化されるのと人間によってプログラムを書く行動が強化されているときのプログラムを書く行動では機能が違うんだ(両方によって強化される場合を排除しているわけではない)。
この機能の違いに気づくのはたぶん簡単じゃない。

Show thread

プログラムを書く行動は文脈によってマンドとしてみることもタクトとしてみることもできる。
マンドとしてのプログラミングは処理結果によって強化され、タクトとしてのプログラミングは般性強化子によって強化される。この2つでは機能が異なる。別の随伴性によって強化されている。

マンドとしてのプログラムではプログラムが綺麗である必要はない。タクトとしてのプログラムでは人間(自信を含む)からの評価が絡むわけでそこで綺麗に書く必要が出てくる。

プログラムを書く行動はマンドに相当するだろうな。聞き手はコンピュータだ。プログラムを他者と共有する場合は基本的にはタクトだろう。聞き手は人間だ。

クワガタが私の言語行動に対して何か反応してきたかどうかはよく覚えてないな。そもそも私がクワガタに話しかけたかどうかもよくわからない。

Show thread

ペットに対するタクトが成立するのかどうか、ある程度成立しそうなことはなんとなく分かるんだけど脊椎動物を飼ったことがない(クワガタなら飼ったことがある)のでよくわからないな。
飼い主側が「ありがとう」とかの報告行動に対して、ペット側が飼い主にとってなんか好意的な行動を取るようでそれで強化されてるのであればタクトしているといえそう。

話し手としての言語行動は聞き手が人間である必要は別にないんだよな。
これはコンピュータができる前からそうだったはずだ。人類は犬に対してマンドもタクトもしてきた。

Show thread

Siri とかアレクサに話しかける言語行動は基本的にはマンドだな(操作結果によって強化されるため)。しかし、「ありがとう」などと話しかけて「どういたしまして」のように返される場合は私的出来事の報告行動に対して般性強化子によって強化される行動なんでタクトになるな。

雷がひどい地域で育ったこともあり、「雷に打たれたなら、それまでの人生だったということだ」みたいな教示を親から受けてきたんだよな。
これが私の死生観になんか影響を与えているような気がしてならない。雷を気にしてたら外に出られないような時期があるからな。

(といっても、車に乗ってる大人どもは雷に打たれても安全な場所にいることが多いわけで、いま思うとなんかむかつく話な気がする)

私的出来事もニューロンの発火も行動だっていっているわけなんだから別に徹底的行動主義がブラックボックスってことはないよなー。

Show thread

なんで、徹底的行動主義では私的出来事も行動として研究対象とするという重大なことをこの方に伝えられなかったんだろう。日本の当時の心理学分野の専門の方でも徹底的行動主義の誤解が蔓延してたんかな……。

関数とは何だろうか
cis.twcu.ac.jp/~asakawa/waseda

SIX-WORDS たった6語の物語 | ディスカヴァー・トゥエンティワン - Discover 21
d21.co.jp/book/detail/978-4-88

なんかこの本の解説にあるし、たぶんこの解釈であってそう。

Show thread

Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: Beyond Freedom & Dignity (Hackett Classics)
amazon.co.jp/Beyond-Freedom-Di

このレビューの中に、
> I must write six more words
っていう文があって意味が分からなかったんだけど、なんか six words っていう俳句みたいなやつが流行ったらしく、それを書かないといけないくらい凄いっていう意味なんかなってとりあえず解釈してる。

自由への挑戦の帯最高じゃん。欲しいわ。

Show thread

飢えと渇きの体験をしよう │科学実験データ│科学実験データベース│公益財団法人日本科学協会
proto-ex.com/data/415.html

人間行動に関する実験を一つみつけた。育てたいもの「感性, 忍耐力」なるほど。

そろそろ、メンタリズムの時代を終わらせても良いんじゃないかな。

Show thread
Show older
Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!